ブライダルインナーや色々な結婚の取り組み~思い出いつもキラキラ~

夫婦

指輪の素材

結婚指輪は節約できる

一生に一度の結婚指輪。ずっとつけるものですから、こだわりたいですよね。そこで費用がもう少し何とかならないかと思うのが人間というもの。でも節約は可能です。 まずはブランドです。同じデパートの高層階にあるようなハイブランドよりも、低層階にあるようなブランドのものが安くなる傾向がありますし、デザインも遜色ありません。 ブランドにこだわりがなければ、県民共済のブライダルプラザで指輪を取り扱っている所があります。営利目的ではないので、ブランド物よりずっと安いです。また東京の御徒町の宝石問屋も狙い目です。 結婚指輪の定番素材はプラチナですが、どうしてもプラチナは高額になります。かといってシルバーは変色しやすいので、一生つけることを考えるとお勧めできません。そこでプラチナと同じ白金系の、パラジウムという金属があります。元々は歯科医療用の金属なのですが、プラチナと似ていて安いことから、最近結婚指輪の素材としても注目されています。

平均相場は21万円前後だが

最近の結婚指輪の平均相場は2本で21万円ほどです。地域により多少差があり一番高額なのが東海地方の22万9千円、一番低額なのが中国地方の19万7千円となっています。 ただし平均相場と言っても、一番多く購入されているのは10万円前後のものと20万円前後のものです。購入された結婚指輪の半分以上は20万円以下です。それなのにも関わらずこのような平均相場になるのは、一部のハイブランド品が平均値を押し上げているからです。 また夫の指輪と妻の指輪では、妻の指輪の方が高い傾向があります。ダイヤを入れたり装飾性にこだわったりする為です。 一生物なのであまりケチケチせず、かといって妥協もすべきでなく。うまくバランスを取って一生大事にできる指輪を手に入れたいですね。